よくある質問

仮想通貨に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問

question

仮想通貨に関するよくある質問をまとめました。

よくある質問
仮想通貨は誰が管理しているのでしょうか?

仮想通貨は、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、仮想通貨の発行・流通には関与していないのです。つまり、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。仮想通貨には、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。ブロックチェーン技術で信頼性が向上しました。

採掘(マイニング)でコインは無限に生み出されるのでしょうか?

仮想通貨の一部の発行総量は、事前に決められています。また、発行総量が決まっている仮想通貨は採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。

電子マネーとはどう違うのでしょうか?

電子マネーとは、貨幣を使わないで決済できるようにするしくみのことです。紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。しかし、仮想通貨は、円やドルと違って仮想ではありますが、通貨です。何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

仮想通貨の利用方法はどのようになってるのでしょうか?

仮想通貨の使い道として大半を占めるのが投資です。24時間365日取引が可能であるため、送金も簡単にでき、価格変動率も高いことから多く利用されています。

また、インターネット上での買い物や実店舗での決済も可能であり、日本でも仮想通貨で決済できるお店が増えています。

仮想通貨は現金化可能でしょうか?

仮想通貨取引所でアカウントを作成し、金融機関口座を登録します。指定口座へ送金手続きを行うことでコインを通貨(日本円など)に換金できます。弊社では財務局長許可(仮想通貨交換業者)のbitFlyerとZaifを推奨しております。
主な取引所:bitFlyer、Zaif等

なぜ仮想通貨は、価値を持つのでしょうか?

仮想通貨は、通貨のように役立つものなので、価値があります。仮想通貨は、物質的なもの(金や銀のようなもの)や中央権力への信頼(不換通貨のようなもの)が達成するようなものではなく、数学的な特性に基づいた通貨の特徴(耐久性、ポータビリティー、代替可能性、希少性、分割可能性、および認知度)を達成するものです。

つまり、仮想通貨は数学に裏付けられたものです。こうした特性を持ち、価値を持つ通貨になるために必要なものは、信頼と採用です。仮想通貨の場合は、ユーザー、業者とスタートアップの増加で、これを測ることができます。通貨としての仮想通貨の価値は、それを支払いとして承諾する人々の存在によってのみ生まれるのです。

仮想通貨で得た利益に対して課税されるのでしょうか?

仮想通貨は、どの管轄においても法的通貨の地位をもつ不換紙幣ではありませんが、どんな媒体を使おうとも納税義務が生じます。多くの管轄で、多種多様な法律規制があり、仮想通貨でも、所得、販売、給与、資本利得やその他の納税義務が生じます。

(※外部リンク「仮想通貨に関する所得の計算方法等について」/国税庁)

ビットキャッシュとビットコインを教えて下さい。

ビットキャッシュとは、ネットで個人情報を入力せずに支払うことができる電子マネーのことです。

お財布代わりに使用することができ、デジタルコンテンツの購入や物品の購入時に使うことができます。

したがって、仮想であっても通貨であるビットコインとは別物になります。

マイニングできなくなった場合はどのようになりますか?

イーサリアムの発行量は7,200万枚と決まっていましたが、現在は発行枚数を上回っており、上限がありません。仮にイーサリアムでマイニングができなくなりますと、マシンスペックによりモネロへ移行してマイニング作業を行います。

他の仮想通貨に移行した時に費用は掛かりますか?

採掘コインの変更は月1回までは無料となります。月2回以上の変更の場合は所定の変更手数料が掛かります。

手数料に関しては「管理委託業務」ページに全て公開しております。

関連リンク:管理委託業務

株式投資と何が異なるのでしょうか?

仮想通貨と株式は、どちらも投資目的で購入する人が多いです。しかし、もともとの利用目的が大きく異なります。

仮想通貨は、通貨の代わりとなる電子データのため、インターネット決済や送金をするために利用できます。

一方、株式は株式会社の発行する社員権です。会社の『株主』となり、会社の利益を向上させるために株式を購入して資金を提供します。企業側は、その調達した資金を設備投資や商品開発など企業成長のために使用します。出資者は、出資の割合によっては会社の経営に対して意見を言うことも可能です。

また、証券会社が東証という一か所の取引所に代理注文をする形であるのが株式投資、それぞれの取引所ごとに独立しているのが仮想通貨という特徴もあります。

仮想通貨価格の決定はどのようになってますか?

仮想通貨の価格は基本的には需要と供給で決まります。市場には多数の参加者がおり、その売値と買値の最終的な結果が「現在価格」として表示されます。

つまり、「誰かと誰かが購入と売却が成立した価格=仮想通貨の価格」となります。

ウォレットはどうやって作るのでしょうか?

パソコンやスマートフォンから専用サイトで作成できます。所要時間は5分程度です。

初期設定の際にウォレットアドレスが必要となりますので契約後ウォレットの作成をお願い致します。

関連リンク:ウォレットアドレスの作り方

インターネット上じゃやっぱりハッキングが不安です。

ウォレットはいくつか種類がありますが、その中のひとつに「コールドウォレット」があります。コールドウォレットとはインターネットから切り離されたオフライン状態で保管されているウォレットのことです。コールドウォレットを利用することで、ユーザーはバックドアなどの不正アクセスによって仮想通貨が盗まれることがなくなります。

コールドウォレットの種類としては、秘密鍵を紙に書き記した「ペーパーウォレット」、金属やコイン、または安全な専用デバイスなどで秘密鍵を管理する「ハードウェアウォレット」があります。一方で、現実の窃盗や紛失に弱い面もあることは認識しておく必要があります。

いつコインが入ってくるのでしょうか?

ウォレットにコインが入るタイミングは自分自身で決めることができます。

採掘したイーサリアムをウォレットに入れる(送金する)際には手数料が数十円かかります。また、いつ、どこから、いくら送金されたかの履歴はウォレット単位で確認が可能です。

管理費の支払いはどのようになりますか?

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、銀行振込のいずれかでお支払いとなります。

関連リンク:管理委託業務

企業総合保険の加入が必須ですか?

はい。必須にしています。万が一、保険適用の事態になった時に自社で保険状況が管理出来れば、修理や復旧までのスピードが早くなります。 また、お客様にとって煩わしさがなくなりますので必須にしています。

関連リンク:保証・保険について

マイニング機器の盗難について補償はありますか?

弊社がご案内するマイニングファームの導入の際には、「企業総合保険」に加入頂いております。

その他「企業総合保険」の中には、風災、火災、衝突、落雷、水漏れ、水災、爆発が含まれております。

関連リンク:保証・保険について

競合他社と比べ、優位な点はどのような点でしょうか?

弊社がご案内しているマイニングファームは基本的に機器販売となります。円で の決済のため、初めての方でも参入しやすいのが特徴です。(機器導入のため、初年度100%即時償却ができます。)

国内でもマイニングファームへの参加ができる企業はありますが、基本はクラウド マイニングによる参加が多いようです。

即時償却の申請等に別費用はかかりますか?

有償ですがmyマイニングで提携の税理士が申請、申告、報告までワンストップで代行する「myマイニング提携税理士特別パッケージ」をご用意しております。

関連リンク:税制優遇制度について

まず3リグ分購入した後に追加購入も可能ですか?

可能です。

契約から引き渡しまでのスケジュールを教えて下さい。

ご契約から最短5営業日でお引渡可能です。

即時償却等の税務申請を行う場合は各省庁への届出や認定が必要の為、約2ヶ月を要します。

関連リンク:ご契約について

100%即時償却はいつまで適用できますか?

平成31年3月31日までに経産省の認定と設置している事が条件です。


PAGE TOP